携帯の割引プランを見直して電話代を安くする方法

毎月携帯電話の請求書やWEBからくる明細をみて、どうしたら安く抑えられるか、安くできる方法はないのかと思う人は沢山いると思います。

少しでも安く携帯代を抑える方法として、何点かあります。

大手の携帯電話会社でプラントしてやっている、「割引プラン」があります。
このプランは色んな種類があって、学生を対象にした「学生のための割引」や電話を掛ける相手を指定してその人とだけ通話ができる「指定先割引」または、よくテレビでも宣伝している通話が家族だけの人のプランで「家族割」等があります。
これらのプランには、毎月料金が発生するのもあり殆ど使わない人で、契約時本体を安く買うために付けたオプションならこの契約を解除することで携帯代が安くなります。
ただ、月の途中で解約しても適用されるのは会社によって違うので相談をしていい時期に解約をすることをお勧めします。

自分にあった料金設定を考えた時、割引を上手く使うことでも安く抑えられることができます。
自分がいつも誰と一番多く電話を掛けたりメールをしてるかが決まっている人には、「指定割引」を適用させると電話料金を節約することができます。

また「家族割」を使う人は、家族が同じ携帯会社を使う事が条件ですがこの割引の良い所は、月額料がタダで家族割を使うことができるのです。
もちろん家族間なら電話やメールの料金も無料になったり半額になることもありとてもお財布に優しいプランです。

学生がいる家庭ではテレビでもお馴染みの「学割」があります。
文字通り学生のみの割引ですが、この割引は大手3社すべてがやっている時もありますが会社によっては常にプランの中に組んでくれる所もあります。
この割引は、基本料金とメール代が半額になりますが、二年契約という縛りもありまた、途中で卒業してしまったらこの学割は利用できなくなるので学割を利用するときは、携帯会社に相談をしてみると良いです。

細かい所を見直すことで携帯料金の節約はできるのです。